大阪府 東大阪市 RWC2019大阪・花園開催推進委員会

東大阪市情報

大阪地図1

西に関西の中心である「大阪市」、東は古都「奈良県」があり、自然豊かな生駒山系に抱かれ、都心と緑に囲まれたまち“東大阪市”。
「ラグビーのまち」「モノづくりのまち」としても全国に名を馳せています。
大阪府内では、大阪市、堺市に次いで3番目の人口規模を誇り、現在約50万人の市民が暮らす中核市として発展を続けています。

ラグビーのまちThe City of Rugby

大阪地図2

東大阪市には日本初のラグビー専用競技場(1929年(昭和4年)完成)があります。
昭和38年(第42回大会)より花園ラグビー場で「全国高等学校ラグビーフットボール大会」が開催され、高校ラグビーの聖地として知られています。
また、当ラグビー場はラグビーワールドカップ2019日本大会及びワールドマスターズゲームズ2021関西のラグビーフットボール競技の会場に決定しています。
2018年(平成30年)9月末に改修工事を終え、新しい東大阪市花園ラグビー場として生まれ変わりました。

                  

東大阪市花園ラグビー場情報

東大阪市花園ラグビー場情報ページへ

ラグビーのまち東大阪基金

ラグビーのまち東大阪基金について

東大阪市では、ラグビーワールドカップ2019の成功とラグビーのまち東大阪の推進にかかる費用に充てることを目的に「ラグビーのまち東大阪基金」を設置しました。
平成30年12月31日までに5万円以上ご寄附いただいた方 を対象に改修後のスタジアムにネームプレートを掲出します。
詳しくは以下をご覧ください。

ラグビーめしについて

ラグビーめし

ラグビー選手が、試合終了後にお互いの健闘を称えて飲食をともにする「アフターマッチファンクション」のように、東大阪市内の飲食店で楽しく食事ができる東大阪独自のおもてなしメニューです。

東大阪カレーパン会について

東大阪カレーパン会

東大阪市をご当地グルメでも有名にしようと、東大阪の有志が立ち上がり、「東大阪カレーパン会」を結成しました。「東大阪市といえばカレーパン!」というイメージの定着をめざします。

モノづくりのまちThe City of Technology

大阪地図3

東大阪市の工場は事業所数で6,000を超え、全国でもトップクラスです。
東京スカイツリーをはじめ、新幹線や航空機など、精密な技術が要求される場所でも、東大阪で生まれた製品が活躍しています。
また、有害な紫外線から目を保護する強固で安全なスポーツ用サングラスや、曇り止め効果の高いスイミングゴーグル、軽量ながらも高剛性を実現した自転車競技用ヘルメットなど、オリンピックをはじめとするスポーツのシーンでも、東大阪で作られた製品が、国内のみならず、世界の舞台でも活躍しています。
この様なことから、人工衛星から歯ブラシまで、「何でもつくれる東大阪」「何でもそろう東大阪」と国内外から高い評価を得ています。

東大阪市技術交流プラザについて

東大阪市技術交流プラザ

東大阪市技術交流プラザは、加工依頼や部品調達、試作品作りなどビジネスパートナーをお探しの企業と優れた技術力を持つ東大阪市のモノづくり企業をつなぐビジネスマッチングサイトです。

東大阪ブランド推進機構について

東大阪ブランド推進機構

東大阪ブランド推進機構は、東大阪ブランドに認定された製品を有する企業等で構成された団体です。認定製品の販路開拓や東大阪ブランドの認知度を高めるための活動を行っています。