Font Size
Small
Medium
Large

大阪府 東大阪市

RWC2019開催準備活動お知らせ情報

ラグビーワールドカップ2019開催都市大阪府・東大阪市

ラグビーワールドカップ2019™プール組分け抽選会が開催され、大会予選プールの試合組合せが決定しました!

2017.05.10

ラグビーワールドカップ2019™の開催に向けて重要なマイルストーンとされるプール組分け抽選会が、平成29年5月10日(水曜日)に京都迎賓館で開催されました。
ラグビーワールドカップ2019はアジアで初めて開催される画期的な大会であり、プール組分け抽選会は、イギリス·アイルランド以外で初めて行われる記念すべきものです。
抽選の結果、大会予選プール全40試合の組合せが決定し、日本はA組に入り、アイルランド、スコットランド、ヨーロッパ地区予選1位、ヨーロッパ・オセアニアプレーオフ勝者と同組となりました。

ラグビーワールドカップ2019プール組分け抽選会について

開催日時

平成29年5月10日(水曜日)17時から17時40分まで

開催場所

京都迎賓館「藤の間」(京都市上京区京都御苑23)

主な出席者

ワールドラグビー·ラグビーワールドカップリミテッド役員、出場チームヘッドコーチ等、出場国大使·領事、安倍晋三内閣総理大臣はじめ政府関係者、ラグビーワールドカップ2019日本大会成功議員連盟議員、開催自治体代表、スポンサー、メディア関係者、大会アンバサダーなど

組分け抽選会の内容

世界ランキングに応じて、5つのバンド(レベル)分けを行い、各組にバンド(レベル)1から5に属するチームを抽選で振り分け、大会参加20チーム(国)の大会予選プールにおける試合組合せを決定するもの。

組分け抽選会の結果

ラグビーワールドカップ2019™プール組分け抽選結果(平成29年10月20日時点) 

グループA
アイルランド
スコットランド
日本
ヨーロッパ地区予選1位
ヨーロッパ・オセアニアプレーオフ勝者
グループB
ニュージーランド
南アフリカ
イタリア
アフリカ地区予選1位
敗者復活予選優勝チーム
グループC
イングランド
フランス
アルゼンチン
アメリカ
トンガ
グループD
オーストラリア
ウェールズ
ジョージア
フィジー
アメリカ地区予選2位

ラグビーワールドカップ2019™日本大会の概要

ラグビーワールドカップは、ワールドラグビー(World Rugby、2014年11月19日、国際ラグビーボード(IRB)から名称変更)が主催する4年に1度開催のスポーツイベントであり、オリンピック、サッカーワールドカップに次ぐ、世界3大スポーツイベントと言われています。
2019年に開催される日本大会は、(1)アジアで初のワールドカップ、(2)ラグビー伝統国以外で初のワールドカップ、(3)ラグビー7人制がオリンピック種目に採用されてから最初の大会という記念すべき大会です。

2019年日本大会の概要

開催期間 2019年9月20日から11月2日まで(44日間)
出場チーム 20チーム(開催国日本をはじめ、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、イングランド、フランスなどの強豪国が出場する見込みです。)
試合数・試合形式 予選プール:5チーム×4プール(プール内総当り戦) 計40試合
決勝トーナメント:準々決勝、準決勝、3位決定戦、決勝 計8試合
合計48試合
開会式・開幕戦 東京スタジアム(味の素スタジアム)
決勝戦 横浜国際総合競技場(日産スタジアム)

ラグビーワールドカップのこれまでの開催状況

開催年 開催国 優勝国
1987年 ニュージーランド、オーストラリア共催 ニュージーランド
1991年 イングランド オーストラリア
1995年 南アフリカ共和国 南アフリカ共和国
1999年 ウェールズ オーストラリア
2003年 オーストラリア イングランド
2007年 フランス 南アフリカ共和国
2011年 ニュージーランド ニュージーランド
2015年 イングランド ニュージーランド
2019年 日本

2015年イングランド大会の開催実績

観客動員数 247万人
TV放映国数 200カ国以上
海外ビジター数 40万人超
開催期間 2015年9月18日から10月31日まで(44日間)

リンク掲載

公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会ホームページ